海の水を利用した海洋深層水

海の水を利用した海洋深層水

ウォーターサーバーで使用される水の中でも人気の高い海洋深層水は水深約200m以下から汲み上げられた水のことで、汲み上げるだけだと塩分が多く飲むことができないので海洋深層水を飲める水に変換したものが飲み水として流用されています。

 

 

海は生命が地球上に存在する前から存在しているもので上層の方だと蒸発して一部は雲になって雨が降って再び海になるという循環がありますが、水深の深いところになると大気大循環に左右されなくなるので海の上層から沈下するミネラルが豊富にあり、さらに温度変化が少なく低温によって維持されていて汚染される可能性もほとんどありません。

 

 

よくウォーターサーバーでも海洋深層水はミネラルが豊富であるという説明書きをしていると思いますが、ミネラルがたくさん含まれており海という地球にとって欠かせない存在が長期にわたり含有してきたミネラルだけあって質も期待がされます。

 

 

海洋深層水は飲み水にするまでにコストがかかるため、ウォーターサーバーで取り扱いされている水の中でも費用は高めになりますが、健康や美容を目的として水を取り寄せることを考えている場合は金額以上のメリットがあります。

 

 

海洋深層水と言ってもさまざまなメーカーが独自に開発して販売しており、昔に比べると海洋深層水の種類もかなり増えているので、それぞれの水を比較して金額、品質、水が取れる海域などを考慮して自分の希望する条件に沿った水を選んでいくとよいでしょう。

 

トップページ