ウォーターサーバー 安全性

ウォーターサーバーの安全性について

水道水だとダムから消毒加工された水が自宅にまで届けられるということで、上流からの距離が長いことに加えて、消毒されているという理由から飲料水として使用することに対して抵抗感を持っている人は多いと思います。

 

そのため、飲料水についてはウォーターサーバーを導入して水宅配業者に運んでもらった水を飲用するという家庭が増えていますが、最近だと機械をリースして導入する場合はペットボトルの水を購入するくらいの費用で水を宅配してもらうことができるので費用的にも負担が少なくメリットがあります。

 

ただし、ウォーターサーバーの水が100%安心かということについては安心とは言い切れない部分があり、保存や保管、メンテナンスの状態によっては水道水より質が悪い場合があるので宅配してもらう水だからきれいで安心と過信するのはよくありません。

 

ウォーターサーバーの水が汚れる原因として多いのは空気に触れることによる劣化ですが、いくら密封されていたとしても水を出すタイミングで空気が水に触れてしまう可能性やタンクの交換時にも空気に触れる可能性は大いにあります。

 

また、定期的に点検やメンテナンスをしてないとタンクから蛇口の間にカビが生えてしまうことがあり、外から見て分からない場合はカビがついている水を断続的に飲んでしまうような場合もあります。
そのため、ウォーターサーバーの導入を検討している場合はメンテナンスがどれくらいの頻度で行われるかというのも調べておくようにしましょう。

 

 

トップに戻る