ウォーターサーバー 災害

災害時にもウォーターサーバーが便利ですよ

ウォーターサーバーを導入する家庭が増えている理由に、災害時の対応を意識しての導入を検討する家庭が増えているのが理由としてありますが、水宅配業者に水を運んでもらう場合はストックとなる水のボトルがいくつかあるのが一般的です。

 

このストックする水のボトルが災害時に使用できるというものですが、災害対策用の備蓄のペットボトルのように賞味期限が切れる度に買い換えるという必要がないので、意識をしなくても自然と災害時対策用の水を常備することができます。

 

日本は海外の中で見た場合でも災害発生率の高さは顕著に高くなっており、プレートの関係から巨大地震やそれに伴う大津波のリスク、また活火山が多いこともあって噴火のリスク、異常気象による気象災害のリスクなどさまざまな災害リスクを抱えた状態になっています。

 

いつどこで発生するか分からない災害に対して日頃からできることは災害を防ぐことよりも、災害が起こった場合にライフラインの復旧までにどう生き延びることができるかというのがやはりポイントになってくると思います。

 

特に水は生命を維持するために必要不可欠なもので特に夏場は発汗が高まるため、水の供給は一刻も時を争うことになりますが、ライフラインの普及や救援物資が届くまでには概ね一週間はかかると見ておいた方がよいため、その期間を耐え抜くだけの水は必要です。

 

伝染病などのリスクも高まることからやはりきれいな水を供給できるウォーターサーバーのメリットは高いと言えるでしょう。

 

トップに戻る