ウォーターサーバー 選び方

食物からも摂取できる水

人間の体は60%を水分で構成されていると言われており、水分の摂取が数日にわたって絶たれるような事態になってしまうと命の危機に直面することになりますが、食事だと安定して水を摂取することができる環境にあれば一ヶ月くらい摂取しなくてもどうにか生き延びることができます。

 

これは水が細胞の生成や血液の生成、さらには体温維持などに寄与していることが関係しているのですが、反対に食事が摂取できる環境にあって水が飲めない状態に陥った際に場合によっては生き延びることができる場合もあります。

 

もちろん、水分の摂取は必要不可欠な条件になるわけですが、食事にも水分が含まれている食材が多くあるので水分がたくさん含まれている食物を摂取することで人間の生命維持に必要な水分を供給することができるというものです。

 

ちなみに最近はウォーターサーバーを導入してきれいな水を宅配してもらう家庭が増えていますが、水道水の水に比べると安全性や質の面でメリットがあるという理由から宅配してもらうところが増えています。

 

ただし、ウォーターサーバーを導入する際に宅配してもらう水というのは水道水のように消毒がされている水ではないので、少しでも空気に触れてしまうと水の質は悪化してしまう可能性があるという点には気をつける必要があります。

 

水の種類だけでなくウォーターサーバーにもいろいろな種類があるので、機能性やデザイン性だけでなく安全性についても納得した上で導入を進めていきましょう。