ウォーターサーバー 軟水

ウォーターサーバーの軟らかい水とは?軟水とは?

ウォーターサーバーを導入する際に硬度の高い水を宅配してもらうか、硬度の低い水を宅配してもらうかで悩む人もいるかもしれません。

 

どちらの水にも一長一短があるのでウォーターサーバーを導入する目的なども考慮して水のタイプを選んでいきましょう。

ウォーターサーバー,軟水

硬度が低い軟水と呼ばれる水はミネラル分があまり含まれていないのが特徴となっています。

 

硬水に比べると水が柔らかく飲み口も柔らかいのでコーヒーや紅茶などの飲み物には適していると言われています。

 

日本の水は大半が軟水と言われているため、普段摂取している水の多くはミネラルがそこまで含まれてない硬度の低い水です。

 

日本で軟水が多いのは日本の地形が関係しています。

 

硬度が高い地域というのは雨が降ってダムや地下水まで水が進む過程で多くのミネラル分を含みやすくなっており、川の上流から下流までの距離が長いほどその傾向はより顕著になります。

 

一方で、日本は山から海までの距離が短いところが多いため、水が流れる過程でミネラル分を含みにくいという特徴があるので、自然と硬水よりも軟水の割合が多くなるというものです。

 

ただし、100%の確率で軟水というわけではなく日本においても山から海までの距離が短くてもミネラルを含みやすい地質のところもあるので、日本で作られた自然の硬水というのもあります。

 

ウォーターサーバーを家庭に導入する場合に宅配してもらえる水の中にも地域の名水などになると硬度が高いタイプもあります。