ウォーターサーバー 賞味期限

ウォーターサーバーの水の賞味期限

日本は世界的に見ても災害が多い国として知られています。

 

災害が起こった際に困るのが水を安定して供給することができないという点で、食物と違って水が絶たれるのは命の危機を意味するため、災害が起こった際にでも水が無くならないようにペットボトルで水を備蓄している家庭は多くあります。

 

しかし、ペットボトルで封がされている水についても賞味期限があるので災害用として備蓄する場合は定期的に変えなければなりませんが、ウォーターサーバーを導入して水を宅配してもらう場合は常に水の備蓄がある状態でなおかつ使用しているので、水を腐るので使用しないといけないと気にする必要がなく備蓄ができるメリットがあります。

 

ちなみに水道水の水に比べると市販で販売されているペットボトルの水やウォーターサーバーを導入している場合は宅配してもらう水の方が腐りやすいと言われていますが、これは水道水には消毒加工がされている一方で、ペットボトルの水やウォーターサーバーで宅配される水については基本的に消毒加工がされてないためです。

 

また、水の賞味期限を比較した場合にピュアウォーターよりもナチュラルウォーターの方が賞味期限は短い傾向にありますが、ピュアウォーターだと不純物がほとんど含まれないため、水の劣化を促す原因はほとんどありません。

 

しかし、ナチュラルウォーターになってくると不純物が含まれているため、これが原因となって劣化しやすくなるため自然と賞味期限も短くなります。