ウォーターサーバーの比較について

ウォーターサーバーの比較について

ウォーターサーバーを申し込むといってもウォーターサーバーの会社は意外と何社もあり、私が知っている限りだと25社もあります。
比較といっても、人によって違いますが、ざっと考えて5つの比較があります。
まず一つ目は費用での比較です。

 

ウォーターサーバーの比較について

 

ウォーターサーバーのレンタル料が掛かる会社と掛からない会社があります。
ボトルの料金も違います。

 

配送料金が掛かる会社と掛からない会社があります。掛からないといっても何本以下の注文の場合は配送料金が掛かる会社もあります。
二つ目は電気代の比較です。

 

他社よりボトル料金が安くてもウォーターサーバーの電気代が高ければ意味がありません。

 

家電は今エコの時代なので、忘れがちですが、電気代の比較も要チェック項目です。
三つ目はデザインの比較です。
テーブルにちょこっと置けるようなタイプからハーフタイプ、柱のような縦長のタイプ大きく分けて3タイプあります。色やデザインも会社によって違いますので、家具や電化製品の色を統一して揃えてる方にとってはデザインの比較は最重要かもしれません。

 

四つ目は採水地の比較です。
半数以上の会社は山梨県のお水が多いですが中には長野県や京都府、九州地方という会社もあります。
あとは、お水の種類ですが、ほとんどの会社は天然水ですが、中にはRO水という会社もありますので、ここもチェックです。
最後に五つ目ですが賞味期限の比較です。

 

ほとんどの会社が未開封の場合は6ヶ月、開封後は2週間です。しかし中には未開封の場合1年と長い会社もありますので、災害時などの非常水として考えてる方であれば重要ポイントになってくると思います。

 

我が家では主に子供のミルク作りに使うので水の性質を重要視して決めました。
ウォーターサーバーにはお湯とお水のノズルが二つついているので、赤ちゃんがいる家庭には80℃設定のお湯がすぐに出てくるので非常に便利でお勧めです。